ベンチャーサポートを利用|安定した企業設立が行なえる

量販店に必要なシステム

オフィス

販売情報の蓄積と活用

コンビニやスーパーで営業管理ツールとして導入されているのがPOSです。単独のシステムとして利用されるのではなく、システムに対応したPOSレジとセットで運用されています。POSレジにはオフラインのレジにはなかった便利な機能が多数搭載されています。買い物客がレジで精査をする数分の間に多くの情報がPOSレジに読み込まれているのです。店頭に陳列されている商品のパッケージにはJANコードが印刷されています。いわゆる白黒のバーコード部分のことです。ここには商品を識別する情報が組み込まれています。POSシステムには売価、レシートへの表示名などをあらかじめ設定しておき、バーコードがPOSレジの読み取り部にかざされると、該当の商品情報が呼び出されるのです。この作業が繰り返され、最後に代金の授受が終了すると一枚のレシートとして印字されます。レシートは買い物客へ渡してしまいますが、記録された販売履歴はPOSシステムに一定期間保存されます。レジの打ち間違いなどの申し出があった際に、履歴を検索して内容を確認することができるので便利です。このように収集された販売情報は日別、週別、月別に集計されます。昨年度の売上と比較する、予算進捗を確認するといった目的に応じてデータを呼び出し、店舗の販売動向を分析するのに役立っています。POSシステムはレジから自動的にデータを収集していくので、手作業による集計に比べてはるかに効率的です。